スポーツによるケガについて

文責:院長 柔道整復師 磯野竜也

最終更新日:2021年01月04日

運動中にケガをした方へ

 当院はスポーツを頑張る方を応援しています。

 小さいお子様から中高年の方までさまざまな競技をして楽しまれています。

 その一方、練習のしすぎやケガをされ、悩まれている方も多く、

 そういった方々も当院に来院され、ケガの施術をさせていただいています。

 

・小中学生の成長痛

・部活のサッカーによる肉離れ、捻挫、野球による肩、肘の痛み、テニスによる肘や手首の痛み、水泳や陸上の膝、股関節、腰のトラブルなど

・社会人のテニスによる肘や手首のケガ、ゴルフによる腰や股関節の痛み、ジョギングによる膝や足の痛み

・中高年の踊りによる膝の痛み、ヨガや体操による肩や腰のトラブル など

当院にはスポーツや運動が原因でケガや身体の不調がある方が来院されています。

レントゲンで異常が無いのに痛みを感じる方

 運動中でのケガをした際に、「骨に異常はないのか?」と心配される方が非常に多く、その場合、病院でレントゲンを撮ることになります。

 レントゲンによる画像検査上、異常がなかった場合は、特に施術をされることなく、シップや痛み止めを渡されて、痛みがひくのを我慢しないとならないこともあります。

 実は、筋肉や靭帯等の軟部組織の損傷が原因のケガはレントゲンでは映らないこともあります。

 いずみ整骨院では電療機器や手技を使って、いち早く復帰できるお手伝いをさせていただいています。

 ケガをした時に来院する場所として整骨院という選択肢を選ぶのも手です。

ケガの理由が明確な場合は健康保険を使うことが出来ます

整骨院では急性期(7~10日程前)でケガをしてしまった理由が明確な場合、健康保険が適用できます。

例えば

・テニスをしていてる時に、ボールを打とうとして、肘を捻った。

・サッカーの試合中に、相手と競り合った際、足首を捻った。

・ランニング中、足の着地時に、足を滑らせ捻った。

 

ケガの理由が明確でないもの(走り過ぎによる足の疲れ、子供の成長痛、ずっと痛い膝の痛み)に関しましては、除痛のための特別なメニューもご用意しておりますので、一度ご相談ください。

野球肩、テニス肘等について

スポーツにおいて、バットを振る、ボールを蹴るといった、「反復練習」というものが重要です。

しかし、そういった負担のかかる動作を何度も繰り返すことにより、身体に痛みが出ることがあります。

俗にいう「野球肩」「テニス肘」と呼ばれるものが、これにあたります。

こういったケガは、最初は弱い痛みであっても、練習を繰り返すうちに悪化し、強く痛むことがあります。

そのため、できるだけ早めに適切な処置を受けていただくということが重要です。

学生の部活などの場合、「もっと練習しなければ、、、」「この後大会が控えている、、、」などの理由から、適切な処置を行わずに練習を続け、その結果悪化してしまうという可能性もあります。

悪化してしまうと復帰するまでの期間が長くなってしまうおそれもありますので、まずは整骨院にご相談ください。

いずみ整骨院でも、こうした野球肩やテニス肘を対象とした施術を行っております。

PageTop